30代元OL、現専業主婦の日々のお買い物をたのしくつづります。コメントをお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。


by taka_choco

ハワイ旅行② 突然ですが「レイ」について

ホテルをチェックアウトする際に、このレイを頂きました。
そして、大変お世話になった(レンタカーの故障等もあり)日本語デスクのヒトミさんから、ちょっと興味深いお話を聞かせて頂きました。

c0085557_10331555.jpg
レイといえばハワイでは定番のものですが、歓迎の意味、welcomeの気持ちを込めて手渡すものだと思っていました。何度かホテル到着時にかけていただいた記憶もあります。

でも本来の由来は逆で、お別れの時に渡すもの。ちょっと意外な感じもしますが、ヒトミさんのお話を聞いていると、遠い遠い昔、青い空と青い海だけの、のどかなハワイの風景が浮かんできました。




遥か遥か昔、まだハワイに人々がボートでやって来ていた時代のこと。

帰っていく人々の航海の安全を願い、見送る人がレイを手渡す。
そしてそれを受け取った人々は出発し、ハワイの象徴であるダイヤモンド・ヘッドが見える場所に来た瞬間に、ボートの上からレイをそっと海へもどす。
「また今度も、このすばらしい島へ戻ってこれますように(そして再会できますように・・・)」という思いを込めて。


小さな一つのレイに、お互いへの思いやり・願いが静かに込められているのです。

この話を聞かせて下さったカハラホテルのヒトミさんも、ホスピタリティに溢れた素敵な女性でした。マニュアル通りの接客ではない、人と人のしての接し方。
ヒトミさんに出会って、ホテルでの滞在がさらに快適なものとなりました。

偶然チェックアウトの際にもフロントでまた彼女にお会いしたので、ヒトミさんから直接このレイをかけて頂くことができました。
私達もまた、彼女との再会の日を楽しみにしています。
[PR]
by taka_choco | 2006-10-30 12:54 | その他